前回は新卒入社までのお話をさせていただきました!


今回からは、転職に至ったきっかけをつらつらと書いていきたいと思います。


社会人3年目から昇進した


直接、関係のない部分なので簡単に記載すると
比較的成功させてもらったと感じています!

毎日5時間睡眠とかで働き詰めたこともありますが…


失敗を沢山して、成功も沢山させてもらいました!
山あり谷ありという感じで、なんやかんやあって3年目に校長に昇進しました。


精一杯やれるだけやったろう!と心に決めました。
社内最速で昇進し、2名ですが部下を持ち、マネジメントデビューを果たしました。


仕事への価値観


不器用な自分の仕事への価値観はこちらです。
全てのきっかけに関わるので、予め紹介しておきます。

  1. 仕事は真面目にやるべきだ
  2. 全部やりきるべきだ
  3. まずは自分で全てやるべきだ
  4. 成果を出さないことは悪だ
  5. 成果が出ない場合は全て自分が悪いと思う


こんな感じでした…
ちょっと古いというか、いかにも熱血って感じですね (笑)
もしかしたら1つは共感できる方もいらっしゃるのでは?

今振り返ると、こんな自分に嫌気がさします。
真面目にやりすぎていたなって、今なら思えます (笑)


部下は2名


  1. 新卒の女性社員…Eちゃん
    のちのマドンナ的存在となる。
    自分にとってもよき理解者だし、今でも仲良くさせてもらっている。
    基本的に仕事したくないタイプで、そういう価値観があるんだと教えて貰えた。
  2. 年上で社歴も上の男性社員…Zくん
    社歴は上だが、異動があり事業部では同期。
    自分が新卒の時に家に遊びに来たことがある。
    新卒の時に精神病になったらしく、病院通いしていたらしい。
    2年目で同僚として同じチームに配属になり、共に校長を目指す。
    結果自分が校長となり、この人は部下となった。

この二人と一緒にチームを組んでいこう!というお話になりました。


きっかけ① 部下との不和


2020年の夏に事件が勃発しました。
初校長にして、初めての夏期講習。上期の締め日付近でのことです。

目標達成まで残りわずかとなり、なんとしても達成したい!と気合が入っていました。

Zくんに一言
「体験してくれている保護者の人に、面談を組もう。
 Zくんは保護者に対して強みがあるから、そこで勝負しよう!」


と伝えました。




Z「可能性が薄いからやる必要ないでしょ (笑)」




その時の自分は

1%でも可能性があるならやれよ!
仕事だろ!
成果出してないくせに意味わからん。


という気持ちでした。

もちろん、直接は言いませんでしたが…


「でも1%でも可能性があるならやるべきだと思わない?
 体験してくれた様子は伝えたいし、もし契約にならなかったとしても
 口コミで次につながるかもしれないよ。
 (てか成果出てないんんだから努力しろよ)


こんな感じで伝えた覚えがあります。
心の声も伝わっていたかも (笑)


Zくんは、ますますムキになってしまいました…

翌日は上司のK氏が会議に参加してくれて

K「Zくん、この面談は目標達成のために必要な行動だと思う。
やった方がいいと思うけど、どうかな?」

と直接声掛けしてくれることに。でも本人はやる気がないからなぁと思っていたら


Z「分かりました!やります!」


なんで俺の言う事は聞けんのや!!!


凄い怒りに満ちていたのを覚えてます (笑)

結局、その夏はZの数字が未達だったため、自分の数字も未達となりました。

今思えば、自分の価値観を押し付けるだけ押し付けてた
最低なやつだったなー
と反省しつつ

Zくんをやる気にさせてあげられなかったのは
自分の責任だと感じてます。

それにしたって、言われた仕事はやれよって感じだけど (笑)

これが転職のきっかけ①でした。

きっかけ②の発端


先ほど書いた通りですが、自分の仕事への価値観として

  1. 成果を出さないことは悪だ
  2. 成果が出ない場合は全て自分が悪いと思う

こういった考えを持っていました。

それが次のきっかけ②を生み出します。


次回に続きます!

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA