前回はこちら!読んでない方はリンクからどうぞ。


今日は2つ目のきっかけについて書いていきますね。


目標未達となった、初めての中間管理職


その夏、目標達成が出来なかった自分は焦りに焦っていました。

やばい…

目標達成できなかった…

人生の終わりだ…

どうしようもないやつだ…

何でこんなに自分はできないんだ…

能力が低いからだ…

ちょっと過剰だと思うかもしれませんけど、本当にこうやって思っていました。


急性胃腸炎になる


その頃から、急におなかが痛くなることが多くなりました。

急にトイレに行きたくなる、異様な痛み…

大事な時間に、10分~15分くらい穴をあけることが多くなりました。


休日にも同じような痛みに襲われ、夜間の救急応対を受けました。
その時に診断されたのは、急性胃腸炎

そんなことが、月2~3回のペースで起きていました。


なぜ、急性胃腸炎になってしまったのか


仕事への責任感が強すぎた
真面目過ぎるところがあったのだと思います。


必要以上に責任を感じ
このままだと胃に穴が空く…


そんなレベルでずっと悩んで、悩みまくっていました。



もしかしたら、数少ないこれを見てくれている人の中にも

「目標が未達成になって胃が痛い」



一人くらいは、経験したことがあるんじゃないでしょうか。



今思えば、出来ている自分や上手くいっている自分を
思い浮かべすぎてしまったのかも
しれないです。

理想と現実のギャップに、たった1%の未達成でも
胃を痛め、心を痛めてしまったんだと思います。


心…いや



出来ない自分を認めたくないっていうプライドかもしれません。
お恥ずかしいです (笑)



上司K氏との面談

その様子を見た上司K氏は、自分を呼び出してくれて面談してくれました。


K氏「自分で思うより、キャリアくんは仕事が出来ないよ (笑)

仕事なんてうまくいく事ばかりじゃない。
ちゃんと仕事が出来ないことを自覚して、認めた方がいいよ。


俺なんてずーっと未達だからね!


メンタル最強上司でした。


なんとその次の日から、胃痛が消えました
心の底からそうだなって思えて、変なプライドが消えたんです。

「俺って思ったよりできないやつなんだな」

そう思ったし、自分を認めることができました


きっかけ② 慢性的な胃痛

この一件は落着したのですが、塾というお仕事は
子どもたちの将来を任される職業

責任感が強くて、そしてプライドが高くて
胃痛になってしまったことは、衝撃として大きかったです。


これが、きっかけの2つ目にあたる「慢性的な胃痛」でした。

約三か月ほど続き、すっごいしんどかったです。



数か月後の大事件


自分の塾長ライフを大きく揺るがす事件が、この数か月後に起こります。

今日は短いですが、この後のことをしっかり書くのでおしまいにします。
自分のペースで、それなりにやっていこうと思いますので
温かく見守ってください。


続きはこちらです。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA